ここをチェック!サイトM&Aの注意点

サイト売買のメリットの裏に潜むわな

サイト売買は効率的にウェブサイトを確立することができる手法ですよね。しかし、フィーリングや実際に使って有効であるとおもったにもかかわらず、実際に運用してみると操作性も悪く、カスタマイズの方法も習得することができないことがあります。つまり、無形資産であるため、ただ譲渡を受けるだけでは機能しなかったり、譲渡する直後に悪い方向に改造されてしまうリスクがあるのです。しいては、購入した直後にトラブルが多発してアクセス件数が少なくなってしまう事態になります。これは、経験や知識のない担当者が売買を実行した際に生じてしまい、確実に契約するためにはテクニカルな知識と法律の知識がないといけないことがデメリットなのです。

仲介業者の注意点について

買うほうも売るほうも仲介業者がしっかりしていないとトラブルに巻き込まれる場合があります。本来は専門知識を持ったプロ手段ですので確実に成果を収めたいですよね。買うほうでは、契約をするまでに時間を要してしまい経費が大幅に増加したり、契約が成立しても予想外のウェブサイトの品質であったりするトラブルです。売るほうでは、ウェブサイトのノウハウだけが盗まれて契約が不成立になってしまい損するケースがあります。また、サーバーにウェブサイトを提供するのですがそのサーバー利用料が高かったりするケースがあります。仲介業者と打ち合わせを重ねることで経験と実績を確認してから選定することが重要ですよ。また、レスポンスが早いかどうかが重要です。