リスティング広告が高額なワードのサイトは売れやすい

一部ジャンルにおいてはリスティング広告に参入し続けるのは困難

リスティング広告というのは、大体のキーワードはそんなに変わらない額にて取引が行われているようなところがあります。しかし、実は一部のキーワードに関しては、通常の相場を遙かに超える額にて取引が行われている事で有名です。そんな中、高額キーワード系のジャンルにてライバル企業と勝負をし続けるとなると、相当な額の広告費が毎月かかります。さらに、自社より明確に巨大な存在と勝負をする場合、リスティング広告にて1位をとるのは簡単なことではありません。そんな中、もし自社ビジネスと関連が深いキーワードに関連するジャンルの情報サイト(比較サイト・用語辞典系サイトなど)を買収して自社のものにしたとします。その場合、そのサイトに自社サイトへのリンクをたくさん作って誘導する形をとるとお金をかけることなく集客できます。そのため、サテライトサイトとして活用できそうなサイトは売れやすい側面をもちます。

キーワードが高値で取引されるジャンルとは

仕入れがなくて圧倒的に利益率が高い金融系(キャッシング・カードローンなど)企業は、どの企業も同じくらいの金利で同じような事業を行っています。その中で顧客に自社を選んでもらうため、多額な広告費を出してライバル企業の取引額に勝ち、自社サービスを利用してもらおうとする傾向です。そのため、例えば、同じような金融系サービスの特徴をうまく比較出来ているような人気金融系情報サイトは売れやすいところがあります。その他、不動産関連や貴金属・ジュエリー系のビジネスも一度顧客を獲得できたら多額のお金を稼げるため、広告出稿に多額のお金をかけられます。そして、価格が高い商品・サービスに関連する何らかのサイトを運営してきた場合も、サイトが売れやすいといえます。